ハピタスポイントで投資信託を買いたい

おはようございます。私大職員です。

タイトル通りです。

私は証券会社はSBI証券を、ネット銀行は住信SBIネット銀行を使用しています。

私大職員のネット通販支払事情でご紹介した通り、私は楽天市場を利用するときハピタスというポイントサイトを経由することで購入代金の1%分のポイント(ハピタスポイント)を貯めています。

ハピタスポイントは換金したり、様々な商品やポイントに交換が可能なのですが、そのポイントがそこそこ貯まってきた(現在30,000ポイント超)こともあり、交換先を検討したところタイトルのようになりました。

複数の口座を管理するのは面倒なので、極力避けてきたのですが、ついに楽天証券・楽天銀行口座を開設することになりました。

スポンサーリンク

ハピタスとは

ハピタスとはショッピングやサービスの利用・アンケートの回答などでポイントをためられるお小遣いサイトです。ポイントを貯める方法はネット通販を利用する際に本サイトを経由することや、本サイト上で特定サービスの申し込みをすることなどが挙げられます。

もちろん入会金や年会費はかかりません。

ショッピングでポイントを貯める

私は前述の通り、楽天市場を利用する際、ハピタスを経由することで購入代金の1%分のポイントを貯めています。

楽天市場以外にもYAHOOショッピングやYAHOOオークション、楽天トラベルやじゃらんなど非常に多くのショップが提携をしており、それぞれ購入代金の一定割合をポイント還元してくれます。

私が一番利用するネットショッピングはAMAZONなのですが、AMAZONはポイント対象外なのが少し(というかかなり)残念です。

ただ、本サイトを経由するだけで、楽天市場で4%分の楽天ポイント(楽天カード利用時)に加えて1%分のハピタスポイントが獲得できるので、お得です。(少し面倒ですが)

サービスでポイントを貯める

A8.netのセルフバックと同じですが、ハピタス上からクレジットカードの申し込みや証券口座・FX口座の開設、huluなど各種サービスの無料トライアル申し込みなどを実施することでポイントを獲得できます。

私は上記のサービスで利用したいものは特になかったのですが、FX口座の開設は非常に高ポイントを獲得できるので、SBI FXトレードの口座開設をしました。

SBI FXトレード
・口座開設+取引で12,000ポイント
※口座開設申し込み後90日以内に1万円以上の入金および1通貨以上の取引が条件
(2017年7月30日現在)

FX口座は他にもDMM FXや外為ジャパンFXなどが10,000ポイント以上獲得できますが、それらはポイント獲得条件が1通貨の取引ではなく、1lot(1万通貨)の取引ですので、実施する際は注意が必要です。

今回、楽天証券と楽天銀行口座を開設することにしたので、以下の申し込みも済ませました。

楽天証券
・口座開設+入金で200ポイント+宝くじ交換券10枚
※ハピタスサイト内で実施しているポイントが当選する宝くじを引くための交換券
(2017年7月30日現在)

楽天銀行「JCBデビットカード」
・口座開設+初回ログインで400ポイント
※楽天銀行口座を開設する際キャッシュカードorキャッシュカード機能付きのデビットカード等を発行する必要があるため
(2017年7月30日現在)

カードや口座開設をする際などはハピタスで提携していないかをチェックする癖をつけるとよさそうです。

アンケートでポイントを貯める

これはマクロミルみたいなものですね。

アンケートに答えることでアンケート毎にポイントをもらえる仕組みです。

数ポイントから数百ポイントまであるようです。また、座談会や実地調査などマクロミルでもあるようなどこかへ行き、インタビューや調査に協力する高額案件もあります。(都内2時間で8,000円など)

私はほとんど利用していません。暇つぶしにはいいかもしれませんが、アンケートに答えてポイントを貯めるならマクロミルのほうが案件も多いと思いますし、お勧めだと思います。

友達紹介でポイントを貯める

ハピタスを誰かに紹介することで、紹介者が100ポイント、被紹介者(以降、ハピ友)が30ポイントもらえるシステムです。
※紹介者の100ポイント獲得はハピ友がポイント交換まですることが条件

さらに、紹介者はハピ友が以降獲得したポイントに応じて10%~40%分のポイントが獲得できます。
※ハピ友の獲得分とは別途に紹介者にポイントが付与される=ハピ友の獲得ポイントが減るわけではありません
※マルチ商法みたいですが、安心です

私は家族と友人の数人しかハピ友がいないので、ここからのポイント獲得はかなり限定的です。

ハピタスのポイント交換先

大分、前段が長くなってしまいました。

本題に入ります。

ポイント交換先は以下の通り。

(1)換金
交換レート:300ポイント⇒300円
最低交換ポイント:300ポイント
交換単位:100ポイント
・手数料無料
本命はこれでしょうか。都市銀行・地方銀行・ゆうちょ銀行・ネット銀行など各種銀行に振り込み可能です。
私もまず、こちらを検討しましたが、なにか面白そうな交換先があれば。。。と思い、保留にしました。

(2)AMAZONギフト券
交換レート:490pt ⇒500円分
最低交換ポイント:490ポイント
交換単位:490ポイント
こちらも捨てがたかったです。2%分交換比率が優遇されていますし、AMAZONはよく使いますので。ただ、こちらも保留です。

(3)楽天スーパーポイント
交換レート:100pt ⇒100円分
最低交換ポイント:300ポイント
交換単位:100ポイント

2017年8月26日より楽天スーパーポイントによる投信購入が可能となります。

しかしながら、他ポイントから交換した楽天スーパーポイントは対象外となっており、ハピタスポイントを楽天スーパーポイントに交換しても、投信の購入はできないようです。

残念です。

ただし、ハピタスポイントの交換レートは現金も楽天スーパーポイントも1ポイント=1円相当で変わりませんので、現金に交換し、投信を購入するのも有りです。

私も当面はハピタスポイントは現金に交換し、投信を購入したいと思います。

(4)その他
・Pollet
・楽天Edy
・iTunesギフト
・nanacoギフト
・ドットマネーギフトコード

などなどございます。
余談ですが、マイルを貯めたい方ではドットマネーポイントに交換し、さらにメトロポイントに交換した後、ANAマイルに交換するルートが王道のようです。

「ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)」を使用した場合1000ハピタスポイントが900ANAマイルに交換でき、非常にお得だそうです。

楽天のサービス

今まで私は楽天カードと楽天市場の利用程度だったのですが、一気に楽天銀行と楽天証券口座開設までまんまと楽天ワールドに取り込まれてしまいました。

先に述べました通り、今まで私はSBI証券、住信SBIネット銀行とSBIまみれで生きてきましたが、楽天銀行や楽天証券で非常に気になるサービスもありますので、この際色々と検討が必要になります。

楽天証券のサービス

楽天証券、「楽天スーパーポイント」で投資信託が購入可能に

私が楽天証券の各サービスで一番魅力に感じるのはやはりこの点です。どうせポイントで買ったものだし・・・という気持ちで穏やかに長期保有できそうで、ちょっとワクワクします。

・月々100円から投信積み立てが可能
・投信残高10万円ごとに4ポイント獲得(楽天銀行連携、ハッピープログラムエントリー時)

などもメリットとして挙げられるでしょうか。

ただ、メインの口座はあくまでSBI証券のままとし、楽天証券について、当面はポイントによる投信購入のみとします。

積立NISAはどうしようか、悩み中です。(現状のNISA口座はSBI証券)

楽天銀行のサービス

楽天証券と連携するマネーブリッジサービスが一番の魅力だと思います。

マネーブリッジサービスとは楽天銀行口座と楽天証券口座を連携させることで、普通預金について優遇金利を受けられるサービスです。

楽天銀行の通常普通預金金利は0.02%(税引き前)ですが、本サービスを利用することで0.1%(税引き前)となります。

普通預金でこの金利はまさに破格だと思います。

ただ、私大職員の余裕資金待機場所についてにてお話しした通り、現在は住信SBIネット銀行に500万円の余裕資金を3か月定期(年利0.5%)で預けていますので、こちらが満期になり次第、移そうと思います。

楽天銀行では預入残高や取引回数により優遇があります。

私は500万円を預け入れる予定ですので、ATM利用や他行振込も月に一定回数無料枠がもらえますので、利便性も問題なさそうです。

まとめ

非常に長くなってしまいましたが、もう少しです。

まとめます。

・ハピタスで獲得したポイントは現金に交換し、ポイント分の投資信託を購入

・楽天市場の利用などで獲得した楽天スーパーポイントは投資信託の購入に充当

・メインの口座はSBI証券のまま

・来年から始まる積立NISA口座は楽天証券かSBI証券か検討する
※現在のNISA口座はSBI証券

・住信SBIネット銀行に預け入れている500万円分の定期預金(3か月、年利0.5%)は満期後、楽天銀行へ移管

・楽天銀行と楽天証券口座を連携(マネーブリッジ)させ、普通預金口座(年利0.1%)に移管した500万円を預け入れる

当初はハピタスポイントを楽天スーパーポイントに交換し、投資信託を購入するつもりで楽天証券口座を開設しました。

しかし、他ポイントから交換した楽天スーパーポイントでは投資信託の購入が不可であることが後日発覚しました。

結果、ハピタスポイントは現金に交換してから投信を購入することになったので、別に楽天証券ではなく、SBI証券で購入すればいい話では・・・となってしまいました。

ただし、私は楽天市場をそこそこ利用しますし、そこで獲得した楽天スーパーポイントはやはり投信の購入に充てたいと思っています。

そこで、当面、楽天証券の利用は現金を経由する・しないに関わらず、ポイント等を原資とした投信の購入のみに限定したいと思います。

・楽天市場利用により獲得する楽天スーパーポイント
・ハピタスポイント(現金経由)
・A8ネット等による広告収入

が挙げられます。いずれも大した金額にはなりませんが、元々ないものとして考え、基準価格の上下に惑わされることなく、長期保有を目指すことができると思います。

以上、とても長くなりましたが、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ハピタスの登録はこちらから
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス