ひふみ投信を購入するか迷っている人へ

こんばんは。私大職員です。

私のブログで一番アクセスが多いのは

ひふみ投信を3年10か月積み立てた結果 です。

あまり時間をかけず書いた記事ですので、他のたっぷり時間をかけた記事が全く読まれず、この記事が多く読まれるのは複雑な気分ですが、それだけ今ひふみ投信が人気ということでしょうか。

この記事はどのような方に読まれているのか考えてみました。

おそらく既にその他投信を購入している人というよりも、投信を購入したことがない人(もしくは投資をしたことがない人)が「ひふみ投信 結果」だとか「ひふみ投信 積立」だとかいったキーワードで検索をし、たどり着いたのではないでしょうか。

今日はそんな

「投信の購入はしたことがないけれど、最近テレビなどでも特集され、話題になっているひふみ投信が気になる。ただ、購入するかどうか迷っている」

という迷える子羊に向けて記事を書いてみます。

結論から申し上げると

投信を購入したことがなく不安な場合は、自分のお金を使わずに、ひふみ投信を購入してしまいましょう

ということを長々と薦める記事です。

スポンサーリンク

投信の購入に踏み切れない理由

私は社会人3年目の夏に初めて投信を購入しました。

セゾン投信とひふみ投信の積立を共に月1万円ずつ開始しました。

それまで投資経験のなかった私は投資に対して当然不安を抱えていましたし、

損をしたらどうしよう

とか

今は割高なのではないか

とかを延々と考え、なかなか行動に踏み出せなかったことを覚えています。
※最終的に損しても勉強代と考えればいいやと決心しましたが

これは誰でも同じなのではないでしょうか。

ドルコスト平均法で月々一定額を積立れば長期的には上昇する可能性が非常に高いといわれ、頭でわかっていても、不安なものは不安なのです。

誰だって損したくないのです。

と、なれば最初は自分の金で投信を買わないことです。

つまりは、ポイント等で投信を購入することです。

自分が必死こいて働いた金を投資で損するのは嫌だけど、

ポイントだったら損しても、まぁいいか

と割り切れないですか?

割り切れる方は、続きを是非読み進めてください。

割り切れない方は、読み進めても得るものはなにもないと思いますが、よろしければ最後までお付き合いください。

楽天ポイントでひふみプラスを購入する

2017年8月26日より楽天証券で楽天ポイントにて投信の購入ができるようになります。

・楽天証券口座を開設する
・楽天ポイントを貯める
・ひふみプラスを購入する
※楽天証券で購入できるのは「ひふみ投信」ではなく「ひふみプラス」←中身はほぼ同じ

たったこれだけです。

まずは楽天ポイントを貯めましょう。

そこからスタートです。

楽天カードで貯める

楽天ポイントを貯めるにはまずはなによりも楽天カードを作ることです。

楽天カードで支払った金額の1%分の楽天ポイントが貯まります。

固定費の支払いも、買い物の支払いも、飲み会の支払いも全て楽天カードで済ませましょう。

1か月10万円のカード利用がある場合、1月で1,000ポイントが、1年で12,000ポイントが貯まります。

このポイントでひふみプラスを買うのです。

楽天市場で貯める

ネット通販を利用する方は楽天市場も積極的に利用していきましょう。
※当然、AMAZON等他サイトの方が安い場合はそちらを利用することです

楽天市場で買い物をし、楽天カードで支払った場合、購入金額に対して4%の楽天ポイントを獲得できます。

また、スマホで楽天市場アプリをインストールし、楽天市場アプリから購入することでさらに+1%の楽天ポイントを獲得できます。
※月に1回でも楽天市場アプリから買い物をすれば当該月の全ての買い物が+1%の対象となる(遡って有効)

つまり購入金額に対して5%の楽天ポイントを獲得することができます。

ただし、そのうちの2%は通常ポイントと呼ばれ、有効期限が1年間ありますが、残りの3%は期間限定ポイントと呼ばれ、有効期限はケースバイケースですが、半月~1か月程度です。

楽天ポイントで投信を購入できるのは通常ポイントのみです。

期間限定ポイントでは投信を購入できません。

つまり楽天市場で月に1万円の買い物をした場合、

通常ポイントを200ポイント獲得でき、期間限定ポイントを300ポイント獲得できます。

期間限定ポイントは楽天市場で利用してしまいましょう。
※ポイントで支払った分については、楽天カードでの支払いが発生しないため、楽天ポイントの還元率は2%(通常ポイント1%+期間限定ポイント1%)

ふるさと納税で貯める

楽天市場ではふるさと納税も行えます。

【数量限定】★今ならオリジナル蒲焼たれ付き★【ふるさと納税】 ★復活!!大人気の特産品★宮崎のうなぎ蒲焼(長焼6尾入)

価格:20,000円
(2017/8/17 01:00時点)
感想(438件)

このように、楽天市場で支払いをすることで、先述の楽天ポイントを獲得することができます。

楽天市場にて年間50,000円のふるさと納税を実施した場合、通常ポイントを1,000ポイント、期間限定ポイントを1,500ポイント獲得できます。

ちなみに、ふるさと納税の支払いに楽天ポイントを使用することもできます。

例えば、年間50,000円のふるさと納税を行い、そのすべてを楽天ポイントで賄った場合、実負担0円かつ48,000円税金が還付・控除されることになります。

ただし、この場合、楽天カードの支払いが発生しないため、通常ポイント・期間限定ポイントともに500ポイントずつの獲得となります。

ハピタスでポイントを貯め、ひふみプラスを購入する

ハピタスとはショッピングやサービスの利用・アンケートの回答などでポイントをためられるお小遣いサイトです。

ポイントを貯める方法はネット通販を利用する際に本サイトを経由することや、本サイト上で特定サービスの申し込みをすることなどが挙げられます。

もちろん入会金や年会費はかかりません。

このポイント(ハピタスポイントと呼びます)は換金したり、様々なポイントと交換することができます。

ここでポイントを貯め、換金し、その分でひふみプラスを購入するのも良いと思います。

こちらは一度換金してしまうので楽天ポイントで購入するより、抵抗があるかもしれませんが、元々ないものと考えられる方にはお勧めです。

詳しくはハピタスポイントで投資信託を買いたい をご参照いただきたいのですが、

楽天市場を利用する際、ハピタスを経由することで1%分のハピタスポイントが獲得できますので、ぜひ利用していただきたいです。

私も楽天市場を利用する際は必ずハピタスを経由しています。

ポイント確定まで少し時間はかかりますが、コツコツ貯められます。
換金する画面はこんな感じです。

こちらでひふみプラスを購入します。

私大職員のハピタスポイント獲得実績

2017年6月に登録して、2017年12月現在(7か月経過)で

49,500ポイント獲得できました。

全部換金し、ひふみプラスを買っています。

どれくらいのポイントが貯まるか検討してみる

条件を勝手に仮定してみましょう

(1)楽天カードの利用を月に5万円(固定費、買い物(楽天市場除く)、飲み会等々)
(2)楽天市場での買い物を月に1万円(2,000×5回を想定)
(3)ふるさと納税を年に5万円(楽天市場利用)
※楽天市場利用時はハピタスを経由

あまり無茶な設定じゃないと思います。

(1)について
50,000×1%=500ポイント獲得です。

(2)について
1回目の買い物を楽天市場アプリから行い、その他をハピタスから行うとします。

すると楽天市場での還元率は5%になりますが、そのうち2%分が投信購入可能である通常ポイントになります。

10,000×2%=200ポイント獲得です。
※300ポイントの期間限定ポイントも獲得

また、2回目~5回目の買い物はハピタスを経由するので

8,000×1%=80ハピタスポイント獲得です。

(3)について

50,000×2%=1,000ポイント獲得です。
※1,500ポイントの期間限定ポイントも獲得

また、50,000×1%=500ハピタスポイント獲得です。

(1)・(2)は月額となり、(3)は年額です。

つまり〔(1)+(2)〕×12+(3)ですから

楽天ポイントが(500+200)×12+1,000=9,400ポイント
※期間限定ポイントは5,100ポイント

ハピタスポイントが80×12+500=1,460ポイント

獲得できることになります。

楽天ポイントとハピタスポイントの合計が10,860円相当になります。

楽天証券の投信最低買付価格は100円からですので毎月900円の積立投資が可能になります。

これじゃちょっともの足りない方はハピタスでクレジットカードを作るか、FX口座を開いてもう少し稼いでみましょう。

例えば、2017年8月18日現在ハピタスからYAHOO!JAPANカード(年会費無料)を作成すると6,000ハピタスポイント獲得できます。

この場合、合計16,860円相当ですから毎月1,400円の積立ができます

まとめ

・ひふみプラスを楽天ポイントで購入してみましょう(8/26~)
・楽天ポイントは楽天カード、楽天市場を活用して効率的に貯めましょう
・ふるさと納税は楽天市場で行いましょう
・楽天市場を利用する際はハピタスを経由しましょう
・ハピタスで獲得したポイントは換金して、ひふみプラスの購入に充てましょう
・余裕があれば、ハピタスでクレジットカード作成やFX口座開設等の高額案件をこなし、ポイントを貯めましょう

ポイントで購入できる分が少額ですが、まずは一歩踏み出すことが重要だと思います。

物足りなくなり、もっと購入したくなったら、次は自分のお金で買ってみてください。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

↓ハピタスの登録はこちらから↓

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス