私大職員の2017年12月末 保有資産について

こんにちは。私大職員です。

2017年もあっという間でしたね。

今月も保有資産を公開します。

2017年12月末時点の保有資産は

14,785千円(+1,255)でした。

※()内は先月末との比較

前回報告分はコチラ⇒私大職員の2017年11月末 保有資産について

今月はボーナスが出ましたから、先月と比較し、大きく保有資産を増やすことができましたね。

スポンサーリンク

保有資産内訳

・預金:9,583
・投資信託:2,243
・日本個別株:750
・ETF:2,046(千円)
・外貨(USドル・香港ドル):163(千円)

リスク資産(投資信託、日本個別株、ETF)合計は5,039千円で、全体の34.1%程度です。

11月末時点でのリスク資産合計は3,924千円で、全体の29%程度でした。

リスク資産割合が増えたのは投信のスポット購入と中国ETFを再度購入したことによります。

Tracker Fund香港(02800) を1,000口購入しました。

VG FTSEAsia HD(03085) を売却して以来、中国ETFを購入する気はあまりなかったのですが、香港ドルをそのまま置いておくのもつまらないので、今回購入することにしました。原則放置です。

来年の方針は?野立て太陽光発電を検討中

現在野立ての太陽光発電所設置を検討しています。

野立ての太陽光とは、太陽光パネルを住宅の屋根ではなく、地上に設置することを言います。

なんでいきなりそんな話になるんだと言いますと、父が相続した空き地があるんです。

田舎なので、アパートや駐車場としてのニーズもなく、固定資産税だけ支払うのも癪なので、なんとか有効活用しろとの厳命を受け、検討を始めた次第です。

太陽光というと年々買い取り価格も下がり、ブームは去ったと思っていたのですが、太陽光パネルの価格なども同様に下がっていることから、今でもかなりの利回りが確保できるようです。

色々と調べてみると、ブログ村でもかなりの方がやっているみたいです。

風力発電・太陽光発電人気ランキング

ちなみに2017年度の買い取り価格は1kW・hあたり21円ですが、来年度はさらに下がる見込みです。

そこで、今年度の買い取り価格の権利を抑えるため、東京電力と経済産業省への申請だけは済ませています。

こちらも検討を進め、後程ご報告したいと思います。

ではでは。