【太陽光発電】所得税の青色申告承認申請書【記入例】

こんばんは、私大職員おにへいです。

【太陽光発電】個人事業主になりましたでご報告した通り、個人事業主になりました。

その際以下の4種の届け出を出しましたので、書き方をご紹介したいと思います。

個人事業主になるにあたって届け出した書類
(1)個人事業の開業・廃業等届出書【記入例はコチラ
(2)所得税の青色申告承認申請書
(3)消費税課税事業者選択届出書
(4)事業開始等申告書(個人事業税)

今日は(2)所得税の青色申告承認申請書について。

まずは上の画像をご確認ください。赤枠で囲った部分が記載した項目になります。

それ以外は、空欄で出しました。

スポンサーリンク

①宛先・日付

『個人事業の開業・廃業等届出書』と同じように記入します。

②納税地

こちらも同様。

③氏名・生年月日など

同様。青色申告承認申請書はマイナンバーを書く欄がありませんね。

④所得税の申告年度

平成『30』年分以降の所得税の申告は、青色申告書によりたいので申請します。

です。

その下の『1 事業所又は所得の起因となる資産の名称及びその所在地』は空欄で出しました。既に太陽光を取得している人は太陽光の住所を記入すればいいんじゃないでしょうかね。私はまだ未所得ですので、空欄です。

⑤所得の種類

『事業所得』に丸を付けます。

⑥いままでに青色申告承認の取り消しを受けたこと~

『無し』に丸を付けます。私は取り消しを受けたことも、取りやめをしたことも無いので。

⑦本年1月16日以降新たに業務を開始した場合~

まずは開業日が1月16日以降かどうか。1月16日以降に開業した場合は右の欄に日付を記載します。1月15日までに開業した場合は空欄でいいということですね。

私は1月16日以降ですので、右の欄に『平成30年8月1日』と記載しました。

ちなみに、1月15日までに開業した場合は本申請書の提出期限が3月15日までとなり、それ以降に開業した場合は提出期限が開業から2か月以内となります。

⑧相続による事業継承の有無

『無し』ですね。

⑨簿記方式

これは『複式簿記』です。65万円の特別控除を受けるには複式簿記が必須です。

⑩備付帳簿名

主用簿である『総勘定元帳』、『仕訳帳』は必須ですね。

後は事業用の口座を作成したので『預金出納帳』

経費も発生しますので『経費帳』

太陽光は固定資産になりますので『固定資産台帳』

を選択しました。割と適当です。

たぶんみんな会計ソフトで記帳すると思います。要するに税務署に提出する『貸借対照表』、『損益計算書』が作れればいいわけなので、そんなに気にする必要はないようです。

以上、割と、簡単ですね。提出した際も、あまりチェックはされていなかったように思えます。後で電話とか来ても嫌ですけどね。