【太陽光発電】消費税課税事業者選択届出書&事業開始等申告書【記入例】

こんばんは、私大職員おにへいです。

【太陽光発電】個人事業主になりましたでご報告した通り、個人事業主になりました。

その際以下の4種の届け出を出しましたので、書き方をご紹介したいと思います。

個人事業主になるにあたって届け出した書類
(1)個人事業の開業・廃業等届出書【記入例はコチラ
(2)所得税の青色申告承認申請書【記入例はコチラ
(3)消費税課税事業者選択届出書
(4)事業開始等申告書(個人事業税)

今日は(3)消費税課税事業者選択届出書および(4)事業開始等申告書について。

スポンサーリンク

消費税課税事業者選択届出書の書き方

まずは(3)消費税課税事業者選択届出書から

上の画像の赤枠部分が記入した項目になります。それ以外は空欄で提出しました。

①宛先・日付

『個人事業の開業・廃業等届出書』と同じように記入します。

②納税地・住所など

(1)納税地

自分の住所を記入しました。

(2)住所又は居所

『同上』と記入しました。

(3)名称(屋号)

屋号は決めていないので、空欄にしました。

(4)個人番号または法人番号

マイナンバーを記入します。

(5)氏名

自分の名前を。印鑑は認め印でOK

②生年月日

法人の場合は設立年月日ですが、個人事業主ですので、生まれた日を記入です。

③事業内容・届け出部分

事業内容は『太陽光発電事業』と記入。

届出区分は『事業開始』を丸で囲みます。

これだけです。

ちなみに、

『適用開始課税期間』

および

『上記期間の基準期間』

をどう記入していいのかわからず、税務署で聞いたら

『開業と合わせて本届出書を提出する場合は記入しなくて結構です。』

と言われたので空欄で提出しています。

では、次は(4)事業開始等申告書ですね。

事業開始等申告書の書き方

上の画像の赤枠部分が記入した項目になります。それ以外は空欄で提出しました。

①事務所(事業所)

(1)所在地

自分の住所と携帯番号を記入。
固定電話無いので・・・

(2)名称・屋号

空欄。

(3)事業の種類

『太陽光発電事業』です。

②事業主

(1)住所

『同上』と記入。

(2)氏名

名前を書きます。

③開始・廃止・変更の年月日など

(1)開始・廃止・変更の年月日

開業届と同じ日にします。

私の場合は平成30年8月1日。

(2)事由等

開始を丸で囲みます。

④宛先・日付・署名

宛先は税務署ではなく、都税事務所になります。

提出日と署名・捺印をします。

こちらも認め印でOKです。

以上です。結構、簡単です。

参考になれば幸いです。